CHIHO's cafe

美味しい♡可愛い♡美しい

バター不使用♬ オリーブ油とヨーグルトで作る『キャロットケーキ』

f:id:chihonakajima:20190922120928j:plain

 

CHIHO's Cafe へようこそ~

今回は
カフェでいただいて
どうしても作りたくなった
キャロットケーキ
を焼いてみました~

初めてでしたが
結構上手くいったので
レシピを紹介します^^


レシピ

 材料 Φ18cmの丸型や18×8×高さ6cmのパウンド型など1台分
 
  • 卵・・・・・・・M寸2個
  • 砂糖・・・・・・140g
  • オリーブ油・・・100g
  • ヨーグルト・・・ 50g
  • 薄力粉・・・・・150g
  • シナモン・・・・小さじ1
  • ナツメグ・・・・小さじ1/2
  • にんじん・・・・ 80g
  • ナッツ類・・・・・ 適量
 
 *今回の砂糖は
  ラニュー糖110g、沖縄黒糖30g
  を合わせて使用
  キビ砂糖や三温糖など好みの砂糖でOK
 
 *今回のオリーブ油は
  EX(エキストラ)を使用
  ピュアタイプや
  サラダ油、ココナッツ油など好みの油でOK
 
 *シナモン・ナツメグはパウダーを使用
  好みで加減してOK
 
 *今回のナッツ類は
  好みのナッツでOK
  また入れなくてもいい

 

 下準備

 ★オーブンは180℃に温めておく。

 ★型にオーブンシートを敷いておく。

 ★オリーブ油とヨーグルトは一緒にして
  湯せんで40℃に温めておく。

 ★にんじんはすりおろし
  一部飾り用に千切りや薄切りにしておく。

 ★ナッツ類は飾り用に一部とっておき
  5mm角ほどに粗く刻んでおく。

 作り方

1.ボウルに卵と砂糖を入れ混ぜる。

 ダマが残らないようしっかり溶き混ぜます。

2.混ぜながら湯せんにかけ40℃くらいに温める。

 卵液を指で触り「温かい~ちょっと熱い」くらいまで温めます。
 卵が煮えないように絶えず混ぜてください。

3.ミキサーを高速にして5,6分しっかり泡立てる。

 しっかり温まったら湯せんから外し
 高速で5,6分しっかり泡立てます。
 ケーキが膨らむかどうかはここがポイントになります。

4.低速にして1分泡のキメを整える。

 泡立ちを安定させるためと
 ケーキの食感・見た目を良くするために
 低速で整えます。
 ミキサー自体もゆっくり動かしてください。

5.温めておいたオリーブ油とヨーグルトを入れ1分混ぜる。

 生地の温度が下がると泡が消えていくので
 オリーブ油とヨーグルトも40℃くらいに温かいものを。
 卵液を泡立てている間
 湯せんにかけておくと冷めません。

6.粉類を振るい入れ2,30回混ぜる。

 薄力粉・シナモン・ナツメグを一緒に振るい入れ
 まずは粉気が無くなるまで混ぜます。
 それから2,30回ツヤが出てくるまで混ぜます。

7.すりおろしたニンジンと刻んだナッツ類を入れて混ぜる。

 ニンジンがまんべんなく生地に行き渡るように混ぜます。
 あまりしつこく混ぜると泡が消えていくので注意。

8.型に流し入れ飾り用のニンジンとナッツ類をのせる。

 流した時に「リボンが折り畳まれるような感じ」で流れていれば大丈夫
 「水のようにさー」っと流れるようだと泡が消えてしまっています。

f:id:chihonakajima:20190922121845j:plain

9.180℃のオーブンで40分焼く。

 クセがあるオーブンの場合は
 焼きムラを防ぐために途中25分ごろから反転してください。
 ・真ん中がしっかり膨れ上がること
 ・竹串を刺して生地が付いてこないこと
 この2点を確認して焼き時間を調整してください。

10.焼き上がったら金網に上げ冷ます。

f:id:chihonakajima:20190922122000j:plain

 

出来上がり~^^


まとめ

今回は余っていたマドレーヌ型にも流して焼き
時間は半分の20分ほどで焼き上がりました。

大好きな神戸の紅茶専門店 『マヒシャ』
キャロットケーキをいただいたのがきっかけで
どうしても焼いてみたくなり
色んなレシピをアレンジして焼いてみました。

高価なバターを使わずとも
普段置きしていないBPを使わずとも
・しっかり泡立てる
・しっかり混ぜて乳化させる
これらのポイントを踏まえると良い感じに焼き上がります♬

シナモンやナツメグのスパイスが利いていて
ホイップやチーズクリームを添えてもまた美味しくいただけますよ~^^

f:id:chihonakajima:20190922122249j:plain

マヒシャのダンディーキャロットケーキ
初めて食べたけど美味しかった~💛

今日のランチ麺♬ 『焼き野菜のミルクとんこつラーメン』

f:id:chihonakajima:20190921140945j:plain

 

CHIHO's Cafe へようこそ~♬

 

涼しくなると俄然
「何か作りたくなっちゃう」衝動が増すCHIHOですw

 

今日は
久々にラーメンでも♬
と作ってみた
焼き野菜のミルクとんこつラーメン
を紹介します^^

 

インスタントのお手軽麺も
ちょっと彩りと心を加えたら
幸せになる味わいになりました~^^

 

レシピ

 材料

  • ナス
  • エリンギ
  • パプリカ(赤・黄)
  • オリーブ油
  • レタス
  • マルタイの棒ラーメン(とんこつ味)
  • ミルク
  • すりごま

 分量はすべて好みの量で加減してください^^

 

 作り方

1.エリンギ・ナス・パプリカは切ってオリーブ油で両面焼く
  野菜は0.5~1cm厚にスライスしました
  焦げ目がついたらひっくり返すという感じで
  ほったらかしで焼きます。

2.焼けたら下味として軽く塩を振っておく

3.レタスは洗って適当な大きさにちぎっておく

4.マルタイの棒ラーメンを作る
  袋の表示通りに作りますが途中でミルクを加えるので
  お湯の量はその分を引いて作ります。

5.麺がほぐれて1,2分したらレタス・スープの素を加える

6.出来上がり間際にミルク・すりごまを加え沸騰させる

7.器に盛り焼き野菜をのせる

 

出来上がり~♬

 

まとめ

ミルクとんこつ味に合いそうな野菜と
彩りにパプリカを使いました。

焼き野菜は中火以下の火加減で
焼き目がついたらひっくり返すという感じで
あまり触らないのがコツです。

焼き野菜の香ばしさにオリーブ油の香り
レタスのシャキシャキ感に
ミルクとすりごまで風味豊かに仕上がりました。

美味しくって美しいものって
一瞬で幸せになれますね~^^

市販のクッキーで超簡単♬ 4つの材料ですぐできる『レーズンチーズサンド』

f:id:chihonakajima:20190921115008j:plain

 

CHIHO's Cafe へようこそ~♬

 

今日は漬けておいたレーズンを使って
超簡単♬
レーズンチーズサンド
を紹介します~^^

 

市販のクッキーを使えば
混ぜて挟むだけ~www

 

 

レシピ

 材料 15個分

  • クリームチーズ・・・・・227g
  • スコッチレーズン・・・・116g
  • 三温糖・・・・・・・・・・20g
  • 好みのクッキー・・・・・・30枚

f:id:chihonakajima:20190921115513j:plain

 *今回は写真のような材料を使用
  クッキーは2種(バタークッキー・ラングドシャ)を試してみました

  

f:id:chihonakajima:20190921115523j:plain

 *スコッチレーズンはラムレーズンのスコッチ版
  家にあったお酒がスコッチウィスキーだったので
  ラムの代わりに使用しました。

 作り方は。。。
  1.沸いたお湯にレーズンを入れサッとゆでる
  2.粗熱の取れたレーズンを瓶に入れヒタヒタ程度にお酒を入れる
    好みで砂糖を入れてもOK
    今回は氷砂糖があったので適当に入れました。
  3.蓋をして冷蔵保存

  写真のは漬けこんで3か月ほど経ったものです。

 

 作り方

1.クリームチーズをゴムベラで柔らかく練る
  冷蔵庫から出して少し置いておくと練りやすいです。

2.2,3回に分けて軽く水分を切ったレーズンを加え混ぜる

f:id:chihonakajima:20190921120423j:plain

3.味見をしながら砂糖を加え好みの甘さに調節する
  
今回は三温糖を使いましたが
  すっきりした甘さのグラニュー糖やお手軽に上白糖など
  好みの砂糖でOK

f:id:chihonakajima:20190921120432j:plain

4.スプーンやゴムベラでクッキーに③を落としてサンドする

f:id:chihonakajima:20190921120442j:plain

出来上がり~♬

f:id:chihonakajima:20190921120452j:plain

 

まとめ

市販のクッキーを使えば所要時間は15分ほど
混ぜて挟むだけで簡単です♬

味見として出来立てを食べてみたのですが
クッキーがサックサクで
チーズのほんのりした塩気と
漬けたレーズンの洋酒が効いて
大人のレアチーズケーキ
みたいな味わいに仕上がりました~^^

濃いめのミルクティーやコーヒーにも合いそうです^^

今日のランチうどん『トマトクリームシチューのおうどん』

f:id:chihonakajima:20190919131826j:plain

 

CHIHO's Cafe へようこそ~♬

ここ最近は
空気が夏から秋へと変わり
徐々に涼しくなってきました~^^

そんな今日のランチは
温かいものでも♬と
トマトクリームシチューのおうどん
作りました~^^



レシピ

 材料

  • 玉ねぎ・・・・・・・・・・・1/2個
  • トマト缶・・・・・・・・・・1/5缶分
  • 椎茸・・・・・・・・・・・・2個
  • 油揚げ・・・・・・・・・・・1枚
  • 鶏ガラスープの素・・・・・・大さじ1/2
  • クリームシチューのルゥ・・・1かけ
  • 塩・こしょう・・・・・・・・適量
  • 冷凍うどん・・・・・・・・・1人前
  • 豆苗・・・・・・・・・・・・適量

 

 作り方

1.小鍋に水、玉ねぎ、トマト缶、椎茸、油揚げを入れ火にかける。
  玉ねぎ・椎茸・油揚げは薄切りに

2.沸いたら鶏ガラスープの素を入れ具材がしんなりするまで煮込む。

3.シチューのルゥを加え塩、こしょうで味を調える。

4.別で沸かしたお湯に冷凍うどんを入れゆでる。

5.③にほぐれたうどんと豆苗を入れ少し煮込む。

 

出来上がり~♬

 

まとめ

冷蔵庫にある野菜であればお好みでいろんなものを加えてOK

シチューのルゥとトマト缶を使うと
簡単に『トマトクリーム』ができます。

うどんを加えるのを計算して
スープの味は気持ち濃いめにしておくと
味がぼやけず美味しくできます。

少しとろみの付いたスープに
トマトの酸味が加わって
この時期にぴったりの仕上がりになりました~^^

 

今日のランチパスタ『きのことおじゃこの和風パスタ』

f:id:chihonakajima:20190917171526j:plain

 

CHIHO's Cafe へようこそ~♬

 

今日のランチは
お土産に頂いた愛媛のおじゃこを使って

キノコとおじゃこの和風パスタ

作りました~^^

 

レシピ

材料

  • オリーブ油
  • にんにく
  • しょうが
  • ちりめんじゃこ
  • きのこ(椎茸・エリンギ・しめじ)
  • 豆苗
  • 塩・こしょう
  • 醤油(あるいは麺つゆなど)

f:id:chihonakajima:20190917171536j:plain
お土産に頂いた愛媛産のちりめんじゃこ『松前ちりめん』
今回はこちらのおじゃこを使いました♬

 

作り方

 ポイント:お湯を沸かしパスタをゆでている間に
      ソースを作ります^^

1.フライパンにオリーブ油と粗みじん切りのにんにくを入れ火にかける。
  
フライパン・油とも冷たい状態から始めます

2.にんにくが色づき始めたら粗みじん切りのしょうがを入れる。

3.じゃこを入れ炒める。
  
じゃこ全体に油が馴染み、香りが立つ程度に炒めます
  炒めすぎるとじゃこがカラカラに固くなるので注意

4.きのこを入れ炒める。

5.塩コショウで下味程度に味付けする。
  
醤油で味を決めるので下味程度に少量加えます

6.醤油(あるいは麺つゆなど)を入れ少し濃いめに味を決める。
  
香ばしくキリっとした味なら醤油
  優しくお出汁を感じたいなら麺つゆなどをおすすめします

7.豆苗を入れサッと炒める。
  
パスタを加えてからも火が入るので
  豆苗がしんなりし始める程度で十分です。

8.ゆであがったパスタを入れ炒め和える。
  
きのこや醤油、豆苗からの水分が少ないようなら
  ゆで汁を加えてソースの濃度を調整します
  出来上がりがパサパサにならないよう注意

 

出来上がり~

 

*アレンジ*
  
今回は下味の塩コショウがキツく
  麺つゆを加えた時点でしょっぱくなりすぎたので
  さらに盛りつけた後『黒酢』をかけていただきました^^
  脂っこいときやしょっぱすぎるときは
  酸味(酢、トマト、レモン汁など)を加えると
  味が和らいで美味しくなります^^

 

まとめ

じゃこからくる磯の香りとにんにく・しょうがの香り
きのこの旨味で美味しいパスタに仕上がりました^^

黒酢を掛けたことで
最後までさっぱりといただけました~^^

美し過ぎて一目惚れ💛 芦屋のお菓子教室『mulot ミュロ』へ参加してきました~^^

f:id:chihonakajima:20190917100853j:plain

 

CHIHO's Cafe へようこそ~^^

 

近所に移転した老舗カフェTea Saloon MUSICA

そこでいただいたスイーツが
美味しいのはもちろん美しすぎ~✨

興味津々で尋ねてみると
お菓子教室を運営されてるところに
お願いしているとのことで

そのお菓子教室に参加してきました~^^

 

お題目は『プチフール』

小さなタルトをいっぱい作り
幸せいっぱい💛になったので
こちらでもご紹介したいと思います^^

 

f:id:chihonakajima:20190917100952j:plain
生地をのばしま~す♪

f:id:chihonakajima:20190917101004j:plain
敷きこんだ生地に重石をのせま~す♪

f:id:chihonakajima:20190917101016j:plain
一度焼いた生地にクレームダマンドとラズベリーをのせま~す♪

f:id:chihonakajima:20190917101027j:plain
絞ったメレンゲを炙りま~す♪

f:id:chihonakajima:20190917101040j:plain
最初にうかがっていたのより1つ増えて5種類のプチフール♪
・マスカットのタルト
・いちじくのタルト
ラズベリーとピスタチオのタルト
モンブランパイ
・レモンメレンゲパイ

f:id:chihonakajima:20190917101103j:plain
な、な、なんと~♬
このレッスンにはランチもついてます~
・サラダ
・スープ
・パン
・2種類のニョッキ
全て主宰者リエさんの手作り~

f:id:chihonakajima:20190917101134j:plain
ランチ後にはいよいよお菓子の試食を兼ねて
幸せなティータイム♬
紅茶はMUSICAさんのヌワラエリヤ

f:id:chihonakajima:20190917101119j:plain
まるでスイーツブッフェですな~(笑)

f:id:chihonakajima:20190917101150j:plain
残ったのはもちろんお持ち帰り~♬
お家でも愉しめるぅ~✨✨✨

 

スイーツ作りはもちろん
ランチも付いてレッスン料は4500円

お、お、お得すぎ~!!!爆笑

原価割れしてそうなくらい
至れり尽くせりの素敵な教室でした~💛

FBやインスタで情報はゲットできるのですが
上手くここに貼れなかったので
気になった方はこちらを参考にどうぞ~

MULOTのアトリエがopen | MULOTのブログ

 

も少し涼しくなったら
私もいただいたレシピで作ってみます~^^

お家にある材料で♪ フランスで流行ってる『ガトーマジック』を焼いてみた♬ 添えると美味しいベリーソースも💛

f:id:chihonakajima:20190828122015j:plain

 

CHIHO's Cafe へようこそ~^^

 

涼しくなってきたと同時に
『何か作りたい~💛』
となった私は

以前から気になっていた
聞いたことのないお菓子

ガトーマジック Gateau Magique

を焼いてみることにしました~^^

 

感想などとともにレシピをお届けします^^

 

 

ガトーマジックとは

フランス生まれのケーキで
なんと焼くだけで
上:スポンジ生地
中:カスタード生地
下:フラン生地  の『3層』になることから
ガトーマジック=魔法のケーキと呼ばれるそうです。

元パティシエでもあり
幼いころからお菓子本などに触れてきた私は
この聞いたこともないお菓子に興味津々♪

材料も凝ったものはなく手順も簡単だったので
ちょこっとアレンジしつつ
作ってみたのでした~^^

 

レシピ

材料 Φ18cm 丸形 1台分

  • 卵黄        3個
  • 水       大さじ1
  • 砂糖       60g
  • バニラビーンズ  1/3~1/2本分
  • サラダ油     30g
  • オリーブ油    30g
  • ヨーグルト    30g
  • 薄力粉      90g
  • 塩       一つまみ
  • 牛乳      375cc
  • 卵白       3個分
  • 砂糖       30g
  • スコッチレーズン  適量

 

メレンゲ用の砂糖30gは大体で可
 砂糖は卵黄に使用の60gと併せて
 総量で90gになれば良い。

サラダ油・オリーブ油・ヨーグルト
 無塩バターの代わりに使用
 無塩バターなら90g
 加塩バターなら90gで塩を省き
 溶かしバターにして使う

*今回はバニラビーンズを使用したが
 バニラエッセンスなどでも可

*今回は漬けて置いてあったスコッチレーズンを
 水気を切って型の底に散らしたが無くても可

 

下準備

 ◎オーブンは150℃に温めておく。

 ◎牛乳は常温に戻しておく。

 ◎型にバターを塗っておく。
 (緩い生地なので底の抜けないタイプを使用する
  テフロン加工の型の方が焼いたあと抜きやすいのでおススメ)

 ◎油類とヨーグルトは合わせておく。

 ◎卵黄と卵白は分けておき
  卵白はボウルごと冷蔵or冷凍庫に入れて冷やしておく。

 

作り方

1.ボウルに卵黄、砂糖、水、バニラビーンズを入れ泡立てる。

  よく言う「白っぽくもったりとするまで」泡立てます。
  加えた水は泡立ちやすくする役目があります。
  バニラエッセンスなどの場合はここではなく後に加えます。  

  f:id:chihonakajima:20190828124935j:plain

2.油類とヨーグルトを合わせたものを加えて混ぜる。

  溶かしバターの代わりなので別々ではなく一緒に加えていきます。
  最初は少しずつ混ぜながら加えなじんできたら一気に入れて大丈夫です。

3.粉をふるい入れ混ぜる。

  一気にふるい入れホイッパーでダマが残らないようにしっかり混ぜます。  

  f:id:chihonakajima:20190828125308j:plain

4.塩を加え混ぜる。

  牛乳手前の生地は下の写真のような感じの固さです。

  f:id:chihonakajima:20190828125424j:plain

5.牛乳を加え混ぜる。

  最初は生地が固いので少しずつ加えて混ぜ
  緩んできたら一気に加えてしっかり混ぜておきます。
  『濾す』作業がないのでここでもダマにならないよう注意です。
  バニラエッセンスなどはここで加えてください。

6.メレンゲを作る。

  しっかり早く泡立てるために冷やしておくのがポイントです。
  最初は卵白のみで泡立て
  白く粗めの泡が立ってきたら砂糖を加え
  艶があり角が立つまでしっかり立てます。

7.5に6のメレンゲを加えて混ぜる。

  メレンゲが出来たら5の生地に一気に加え合わせます。
  ポイントとしては
  最初はホイッパーでぐるぐる
  次に下からすくってホイッパーをくぐらせて切るように合わせます。

 注意!!!
  混ぜすぎると3層のうちのスポンジ生地ができません。
  下に液状の生地
  上にはむらなく混ざってはいるけれどぷかぷか浮いた感じの生地
  という状態で留めてください。

8.型に流し150℃のオーブンで約50分焼く。

  焼き色が強くなりそうな場合は
  アルミホイルをかぶせて焼いてください。
  焼き上がりの目安は竹串を刺してトロっとした生地がついてきたらOK
  焼きすぎると3層の食感の違いが出ないので注意。

  ※今回のレーズンは型の底に適当に散らばせて
   上から生地を流し込みました。

  f:id:chihonakajima:20190828130804j:plain
  型に流した状態
  6cmほどの高さの型だったがギリギリ
  焼いてて溢れるかと思ったが大丈夫だった

  f:id:chihonakajima:20190828130813j:plain
  今回の場合
  15~20分でいい焼き色がついたので
  そこからアルミをフワッとかぶせて焼いた

9.焼けたら型のまま冷まして粗熱を取る。

  スフレケーキのように型から持ち上がって焼けたのですが
  粗熱を取る間に型と同じくらいの高さに下がりました。

  f:id:chihonakajima:20190828131230j:plain

10.粗熱が取れたら型のまま冷蔵庫で冷やす。

  逆さまにして取り出すので崩れないよう
  しっかり冷やすのをおすすめします。
  取り出すときはサイドにナイフなどを入れて型からしっかり外し
  お皿やまな板などでふたをしてひっくり返して取り出せます。  

  f:id:chihonakajima:20190828131436j:plain

 

出来上がり~♬ 

 

感想

初の試みでしたが
写真のようにきれいな3等分にはなりませんでした~(涙笑)

味わいはバニラスフレとバニラクラフティ―を一緒に頂いた感じで
レーズンが良いアクセントになりました。

常温でも
冷たく冷やしてもいただけるケーキですが
私は固くなっても冷たい方が好みです。

バターの代わりに利用した油やヨーグルトは特に感じず
違和感もなかったので次回もこの配合でやってみるかも^^

粉にココアを使用するなど
アレンジも効くレシピなので
簡単だしまたやってみようと思います^^

ベリーのソースとか合いそうだなぁ。。。💛

 

。。。ってことで 

アレンジ

優しい味わいな分
パンチにかけるので
ベリーソースを添えてみました^^

f:id:chihonakajima:20190828205340j:plain

*ベリーソース*
 冷凍のミックスベリーと砂糖を
 好みの量で鍋に入れ
 砂糖が溶ける程度に火を通す。
 熱々でかけても
 冷やしてかけても美味~💛